食事でダイエットしてみよう

農林中央金庫は、第3回「現代高校生の食生活、意識と実態調査」を実施し、高校生の食生活を調査したところ、今よりも痩せたいと思っている人が55%と半分以上で、そのうち女子は82.5%だそうです。
参照元:高校生、食事をネットにアップするorしない…女子は痩身願望強

調査結果を見ると、女子は今よりも痩せたい人は82.5%に対し、食べ過ぎないように気を付けている人は45%と半分の人が食事で気を付けようとしているようですね。
また、おなかいっぱい食べるのが好きな人は76.5%と非常に多く、我慢して食事制限をかけている人が結構いてそうですよね。
好き好んでダイエットする人も少ないとは思いますが・・・
ちなみに私も1年間で5kg増えてしまったので、痩せないとな思っているところです。
そこで食事制限のダイエットで気を付けることを調べてみました。

食事制限で重要なのはカロリーの把握だと思います。
当たり前の話ですが、数値として知っている人は少ないと思います。
ちなみに成人女性の1日の必要摂取カロリーは約2000カロリーですが、一日約1500カロリーに落とした場合、計算上12日間で脂肪を1kg落とせるそうです。
かといってただ単に減らすのはつらいので、オススメの食べ物は、
サブウェイ・・・野菜とお肉を手軽に取れ、1食あたり400カロリー以下
コンビニのおでん・・・種類も多く食べごたえもあります。しかし、練り物系はカロリーが高めなので気を付けてください。
チーズやナッツ・・・低糖質で、しかもチーズにはタンパク質、ナッツ類には脂肪を燃やす良質な油分が豊富です!!
参照元:ダイエット時の食事制限について

私はコンビニのおでんは大好きなので、一回食べてみようと思います!
かといってバランスよく食べないと健康面で支障が出るので気を付けてくださいね。
ダイエットしようかなと悩んでいる方は是非実践してみてください。
スポンサーサイト

女性ひきこもりの実態

「ひきこもり」というと、真っ暗な部屋の中でパソコンと一緒に過ごしている男性をイメージしませんか?
日本のひきこもり人口は圧倒的に男性の方が多いと言われています。
女性は約3割ほどだそうです。
しかし正確な実態はわからないまま・・・「見えづらいひきこもり女性」(ヤフーニュースより)

そもそも「ひきこもり」とは
部屋に閉じこもるイメージがありますが、実は家族以外の外部の人たちとの関わりが途絶えてしまった「社会から孤立した状態の人」のことを指します。

女性に関して言えば、「毒親」を抱えていたり、「摂食障害」「虐待」「リストカット」「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」を患ったままひきこもりになる人が多いようです。

ひきこもりになりやすい人の特徴としては、「他人の気持ちに敏感な人」があげられるそうです。
例えば、
私さえ我慢すれば、ほかの人は嫌な気持ちにならなくて済む」と考え、自分の望みを言い出せず、
相手に頼まれると断れないまま、気遣いし過ぎて疲れてしまうタイプの人。

親の気持ちを考え「いい子にならなければいけない」という気持ちを抱きながら育った結果、
納得のできない思いを封じ込めて、社会から撤退していくタイプの人。

社会に上手く適応するにはある程度鈍感にならないといけないのかもしれませんね。

夏に元気になる嫌な病気とは

水虫とは白癬菌(はくせんきん)という菌が皮膚の一番外側の角質層に棲みつくことで起こる病気です。白癬菌は人の皮膚の角質を食べて成長して繁殖するカビの一種です。

現在、日本人の4人に1人が老若男女問わず、感染している現代病といっても過言ではありません。
4人家族だと、家族の中の1人が感染していることになりますね・・・(怖

さて、裸足になることが多いこの夏。
気になるニュースが出ていましたね。皮膚表面から内部に侵入するまで12時間以上(ヤフーニュースより)

水虫は皮膚内部に侵入するまで12時間以上かかる
侵入前に菌を石鹸などで洗い落としてしまえば、感染は起きない!!
ということですね。
予防策として

●お風呂で毎日、足の裏や足の指の間も入念に洗う


●靴下は一番足の皮膚と接触する時間が長いので、毎日取り替えること。

●足を蒸らさないようにすること
   靴は通気性の良い物を選び、時々陰干しして湿気を除去
   職場ではできるだけ靴を脱いでみる
   家では靴下を脱ぎ素足で過ごすようにする

●こまめな床掃除
   部屋のほこりの中等に、白癬菌がいることが多いので、床や畳、カーペットはこまめに掃除し清潔にすること

等があげられます。
水虫は高温多湿を好むため、そういう環境下であればどこでもいると考えていいでしょう。
水虫になりたくなかったら、お風呂で足をしっかりと洗う習慣をつけないといけませんね~


海離れ!実際は?

10代の4割が「海にあまり親しみを感じない」と思い、また都内では陸地に砂浜を作っているそうで、看板で海の絵を描いているそうです。(下記参照元に画像有)
参照元:「海離れ」の象徴? 都内に続々“海のないビーチ”

私もこの上記画像だけを見ると普通に海で遊んでいるなと思ってしまいます( ゚Д゚)
ちなみに10代の4割が海にあまり親しみを感じないというのは日本財団が海の日にちなんで行った「海と日本」の調査結果であります。
この調査によると海に親しみを感じる人は60代、50代、40代と年代ごとに減少していき、反対に海に親しみを感じない人は増加していくそうです。
また、10代と60代では
海に親しみを感じる人   10代 27.5% 60代 41.0%
海に親しみを感じない人  10代 42.5% 60代 20.1%
と真逆になっているそうです。
参照元:「海 と日本」 に関する 意識調査 の 結果 について
参照元:若者の「海離れ」が判明

皆さんは海についてどう思われるでしょうか?
私は家から海が遠く、また砂浜も足にくっついたりとかで海よりもプールの方がいいですね。
かく言う私も海離れの一人ですね。

お盆期間中の出国数はすごい!!

成田空港からの海外へ行く人は11日だけで57,000人で10日~20日の間に出入国する人数は1,068,000人だそうです。
参照元:成田空港は出国ラッシュ、5万7000人海外へ

この時期に行くなんて凄く高そうで私は行く決意が出来ないです( ;∀;)
ちなみに10日~20日(11日間)で1,068,000人(1日当97,090人)と聞いてもどれくらい多いのか分からないですよね。
そこで2016年の出国数の月別を調べてみました。
1位 2016年8月 1,828,322人 1日当58,975人
2位 2016年9月 1,552,705人 1日当51,756人
3位 2016年3月 1,550,637人 1日当50,020人
年間         17,116,320人 1日当46,894人
※小数第1位で切捨した数値です。
参照元:出入国管理統計統計表

お盆と年間平均の出国数を比べてみると年間平均の約2倍の人が海外に出ているんですね。
それだけお盆に旅行行く人が多いんですね。
そして以外だったのが、月別で一番少ないのは5月だったのです。
GWも旅行人数は多いと思っていたのですが、今年の出国数を調べてみると4月25日~5月5日(11日間)で595,000人でお盆とGWの出国数は約1.8倍差がありました。
参照元:GW期間の旅行は日並びよく海外が微増、総旅行者数は1.7%減の2360万人 ―JTB予測(2017年)

GWは大型連休といいつつも途中で平日が何日間かあるため少ないんですかね?
私も海外行くならGW狙ってみようかな。
 | ホーム |  » page top